つばめ

先日とある街角で、ふっとガレージの天井を見上げると
燕のヒナが大きな口をあけてピーピー鳴いていました。
どこからともなく親鳥がエサをくわえて巣に戻って
エサをやってはすぐに再びどこかへ飛び去って行きを
繰り返していました。

写真では伝わりにくいのですがヒナはすでに
親鳥に近いサイズで巣の中で4匹もキューキューになって
ピーピーピー!

かわいいのですが少し笑えて来ました。
親の存在は本当にありがたいですね。

昔、燕が巣を作るとその家は幸せになると
聞いたことがあります。
フンの始末は大変ですが本当に幸せな光景でした。

竹川

  • takekawa

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です